• 日本顕微鏡学会 第34回 顕微鏡サマースクール in 東京旗の台

    開催 2024年8月2日〜4日

     電顕サマースクールは、今年度より顕微鏡サマースクールと名称を変更しました。

    broken image
  • ご挨拶


    公益社団法人 日本顕微鏡学会主催「第34回顕微鏡サマースクールin 東京旗の台」を昭和大学旗の台キャンパス(品川)で開催することになりました。2022年の第32回電顕サマースクールに引き続き、多くの皆様のご支援、ご協力を頂いて東京品川で再び開催できますことを、心より感謝申し上げます。

    このサマースクールの大きな魅力は、初心者からスキルアップを目指す様々な分野の参加者と講師が、電子顕微鏡の技術を学びながら活発な交流を行い、お互いに刺激し合いながら成長できる環境を提供する点にあります。1日目の座学は、継承と発展をテーマに、日本の電子顕微鏡黎明期から90歳を過ぎた今も現役の研究者から、若手の新進気鋭の研究者まで幅広い方の話しをオンライン配信し(参加費無料)少しでも多くの方が本学会や電子顕微鏡に興味を持って頂く機会になれば幸いです

    また、実技講習は従来のTEM、SEMの講習に加えて、免疫電顕や超薄切などに特化した講習を設け、少人数制で密な指導を行います。薄切ではスイスのダイヤモンドナイフメーカーであるDiATOME社のHelmut Gnaegi氏に薄切の実技講義をして頂く予定です。このスクールをきっかけにして、電子顕微鏡を益々ご自分の研究や仕事に生かしていただけましたらと思っております。 その他、前回の好評を受け旗の台を代表するラーメン屋さんでのランチも計画をしております。
     

    また、昭和大学電子顕微鏡室が2017年より毎夏に開催をしております、「第6回昭和大学電子顕微鏡室 子どもと大人の電子顕微鏡サマースクール」も同時開催いたします。このサマースクールは、昭和大学職員の子弟を中心に近隣の一般の小中学生から大人を対象に、電子顕微鏡の世界的なメーカーである日本電子株式会社、株式会社日立ハイテクの協力の元で社会の皆様への電子顕微鏡の啓蒙と物を見る楽しさや驚きを体験してもらうために開催をしております。

    参加される皆様が、1mmの1/1000の大きさであるμm(マイクロメートル)の世界を楽しむとともに、科学の楽しさを感じていただけたら幸いです。

     

    皆様のご参加をお待ちしております。

     

    昭和大学電子顕微鏡室
    髙木 孝士
  • 職場やお知り合いの方にもお伝えいただけると幸いです。

    チラシ・ポスターのダウンロード

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。
    昭和大学 電子顕微鏡室
    TEL 03-3784-8056
    FAX 03-3784-8057  
    e-mail:em-lab@med.showa-u.ac.jp