• 子供の電子顕微鏡サマースクール

    *小学4年生〜中学1年生を対象

    2023年8月12日(土)

    (2部制) 

    10:00~12:00

    13:30~14:30

     

    募集定員 午前中 10人 午後 10人

    場所:昭和大学旗の台キャンパス1号館

    主催:昭和大学電子顕微鏡室

    協力:JEOL

    前半は長さの単位についてや、電子顕微鏡と光学顕微鏡の違いについて、講義を行う。
    後半は卓上走査電子顕微鏡を使用して、昆虫、花粉、竹炭、貝殻、マウスの肺、日用品等の試料をミクロ領域の構造などを観察する。
    肉眼やルーペ、光学顕微鏡では見る事の出来ない微細構造を観察し、自然界の不思議について考えたり理解を深める体験をする。
    broken image
     
    講師)
     

    近藤 俊三

    Shunzo Kondo

     
    プロフィール)
    1972年、北里衛生科学専門学院卒業。東京大学にて博士号(獣医学)を取得。
    2003年まで、三菱化学生命科学研究所にて、技術統括ならびに微細形態解析室の管理運営業務に携わるかたわら、マウスの発生を、電子顕微鏡を用いて時系列的に解析する研究を行なう。日本電子顕微鏡学会技術功労賞および論文賞受賞。現在は、日本電子株式会社で技術顧問を務める一方、東京都昭島市近隣および首都圏の小学校・中学校、東日本大震災被災地域の小学校などにて、電子顕微鏡を用いた同社の理科支援出前授業も続けている。
    著 書 「走査電顕アトラス マウスの発生」 (岩波書店)
       「探検!発見!ミクロのふしぎ~電子顕微鏡で見る1/1000mmの世界~」(少年写真新聞社) ほか、共著多数
    監 修「学習マンガ ドラえもん ふしぎのサイエンス ミクロのサイエンス」(小学館)
  • 子供の電子顕微鏡サマースクール 参加申し込み

    定員に達しましたが、追加募集につきましてはご問い合わせください

    募集定員残数 午前 0人 午後 0人

    参加費 ¥500 (保険費)*現地で集金します